PrefixPlusでプレフィックス番号を追加する


試しに、g-call電話サービスのプレフィックス番号である0063を連絡先に付加する設定をしてみます。

PrefixPlusでプレフィックス番号を追加する前の連絡先です。「自宅」と「携帯」が登録されています。


では設定を開始します。PrefixPlusを起動し、まずは、[+]ボタンをタップしてプレフィックス情報を登録します。


登録画面で、「名称」と、電話番号に追加するプレフィックスの「番号」「ラベル」を入力します。
「ラベル」は連絡先のラベルの前に付加されます。例えば、連絡先に「自宅」で登録されているものは、「(g-call) 自宅」として追加登録されいます。
登録が完了したら、[保存]ボタンをタップします。


ステータスが(更新処理待ち)になりました。[連絡先を更新する]をタップして、連絡先にプレフィックス番号を一括追加しましょう! ([連絡先を更新する]をタップするまで連絡先は更新しません)


しばらくすると更新が完了します。連絡先を確認してみましょう!
ちゃんと、プレフィックス番号を付加した電話番号が追加登録されていますね。


以降、連絡先を変更するたびに、PrefixPlusの[連絡先を更新する]をタップして、更新を実行します。(連絡先は自動で更新されません)



履歴からプレフィックス番号付き電話をかける

履歴から折り返し電話を掛ける時、名前をタップして電話をかける方法だと、プレフィックス番号を付けて発信することができません。

プレフィックス番号を付けて発信するためには、履歴の名前の横の[i]マークをタップします。


すると、連絡先が開くので、ここでプレフィックス番号付きの番号をタップして発信すればOKです。


追加したプレフィックス番号を削除する

追加したプレフィックス番号を削除するには、削除する設定の行を左にスワイプして、削除ボタンをタップします。タイトルが「xxxx(削除処理待ち)」となっていることを確認後、[連絡先を更新する]をタップします。

以上で、プレフィックス番号を付加した情報が連絡先から 削除されます。


アプリの動作がおかしい時の対処方法

PrefixPlusでプレフィックス番号を付加できるのは、iPhone標準であるローカルアドレス帳やiCloudアドレス帳のみです。Gmailなどのアドレス帳と連携している場合、プレフィックス番号が正常に付加されません。もし、アプリの動作がおかしいようであれば、以下の手順に従ってアドレス帳の確認を行ってください。

まずは、iPhone標準ではないアドレス帳と連携しているかを確認します。連絡先もしくは電話アプリを起動して、連絡先の左上に「グループ」をタップしてください。「グループ」が表示されていなければ、iPhone標準のアドレス帳を使用しているので問題ありません(他の個所に問題があります)。

ICLOUD以外の連絡先があれば、iPhone標準の連絡先と連携しているということです。ICLOUD以外の連絡先の連携を停止しなければPrefixPlusは正常に動作しません。もしICLOUD以外の連絡先を利用しており連携を停止できない場合、残念ですがPrefixPlusの使用をあきあらめなければなりません。

ICLOUD以外の連絡先の連携を停止するには、iPhoneの設定を開き、[アカウントとパスワード]をタップします(iOS11)。 下記の場合は、ExchangeとGmailの連絡先と連携していますので、これらの連絡先連携を解除します。

アカウントをタップすると設定画面が表示されるので、[連絡先]のスイッチをオフにします。

「アカウントとパスワード」画面で、アカウントがiCloudだけになっていれば作業は完了です。PrefixPlusアプリが正常動作するかを確認してみてください。